ニセアカシアの花咲く頃に



5月6日の朝、親父は逝った
私が唯一甘えられた婆ちゃん(親父の育ての母親)の命日だから
きっと迎えに来てくれたんだろうな…

連休前から毎日誰か見舞って食べられるものをと通い、アイスクリームさえほぼ残す日やバナナまで食べられる日がある不安定な状態
死ぬ前日金曜、病院はカレーライスの日で出された分は食べたそうだ
その後持っていったイチゴのかき氷・スムージーやらも平らげて
いつになく目の輝きもあり生気を感じたが、きっと最期の煌めく瞬間だったのだろう
その晩から未明にかけて
「意識が無くなる前までに4度氷を欲しがって、砕いて口に入れて差し上げました」とのこと
当直看護師さん、死に水をあげてくださってありがとう
葬儀業者さんの迎え待ち中、出退勤時に看護師さん達が親父に挨拶来てくれたり
中には休みなのに高速飛ばして来てくれた看護師さんもいて、ほぼ意志疎通出来てないと思ってた親父がふとクリアになったタイミングに色んな思い出話や好きだったカラオケをレクリエーションルームで付き添われながら歌ったりしたのが2月~3月のことと聞く

決して気の毒なだけの病院生活じゃなかったんだ
むしろ、躁鬱病状に伴う不快な目にあって浄化できない気持ちを引きずった身内に邪険に扱われるよりは 幸せな余生だったのかも知れないな…




死ぬ5日前一人で見舞った時、複雑な思いが込み上げ ベットサイドで言葉無く涙ぐむ私を親父はどんな気持ちで見てたのかな…






静かに家族葬の後 荼毘に付す予定のなか、 近隣市に住む交通難民で足の弱い叔母(親父の姉)の送迎や押し掛けてきた妹(元)家族のお世話やら
死後諸々手続き・香典返し手配・病院への支払い挨拶・相続登記や課税のことで調査しまくったり
どっぷり悲嘆に暮れる暇も心身休まることも無く、初七日はとっくに過ぎてニセアカシアの花は散りゆく




骨になってからやっと自分の家に帰ってきた親父
いろいろあったけど、極楽へ行けるように当分ゆっくり祈る日々



それにしても…
己の懐の未熟さ
加齢に伴う問題解決のフットワークの鈍さ
鉛の心身でただただ痛感だわ













スポンサーサイト

gray week ?なり



今週に入り鬱モードと嚥下障害が加速
ろくに食事が摂れなくなってきた病院の親父さん
太い血管で点滴栄養摂取始めるかどうかの瀬戸際

精神科病棟だから親父への日々のケアには限界がある


強張り・震え・痩せ衰えながらも強い力で掴んでくるうえ体勢変えるのも一苦労な親父
「経口で食べられるうちに」と、どんなカップ?なにが喉を通るのか?模索し買い出し介助して与えるのは大変なこと



今日はアイスクリームと野菜ポタージュスープ、小さくカットしたスイカ・イチゴを何とか食べて
早々に疲れてベットに倒れるように横たわる


本人は食べたいのに巧く食べられない複雑な状態

ガンの悪化手前に衰弱しそうな予感


眠ってる間にポックリ逝けたらいいね


GWというよりグレーウィーク
はてさてどうなる?



合否連絡待ちのバイト断って他探そうかなぁ
諸々もやもやをスッキリしたいもんだ









最期の桜も見せられず


病院暮らしの親父さん
4月3日で76歳を迎えた
良い香りのイチゴとホイップ包んだスポンジケーキ持参し ふらっと面会へ行った
最近のいつものようにガツガツと詰め込むように食べ部屋に戻っていった

が…

その時点で炎症反応が出てたので抗生剤投与されてたらしい
5日後、毎週末の差し入れ面会時に
「今日は微熱に下がりましたが、前の晩に40℃近い発熱しました。食欲も落ちてきてます。」
との報告

翌週11日、レントゲンで肺炎の様相あり
追って内科医によるCT等院内でできる検査をし後日所見を報告される旨連絡ある


昨日18日午後、オカンと弟が出向いて所見を聞く

肝臓に大きくなった腫瘍、つまりガンが出来ていた

肝臓ガンの症状と親父の状態が「なるほどなぁ」と合致する

手術は無理だから緩和ケアで対応してくしかない

16日に面会に行った時も
アイスクリーム食べたら、すぐにベットに戻り横になってたからシンドイんだろう…
ただ、珍しく意識がクリアで少しの間会話できたのが皮肉だったり…



例年より遅れた満開の桜

ここ3年は外出も難しかったから
ずーっと桜は見てないことになる


長いこと噛み合わない親子だった
このやろう!という怒りで奮起して生きてきた
あと1年はもたないであろう親父
各々が色んな呪縛から解き放たれることがてきるんだろうか…









日を跨いで救急医療連行で眠い

日曜もいつものように終わろうかとした昨夜10:00頃
オカンが「胸が何とも重怠いし背面が締め付けるような…血圧も高いし救急医療連れてって」ということで連行
1週間ほど前は頭のほうに違和感あり血圧高い状態で弟が付き添って受診したとこ
血圧下げる薬処方され月末検査所見と経過で受診予約してる経緯ありだし


心電図やらレントゲン・血液検査したり


心筋梗塞の可能性も懸念され点滴されながらストレッチャーで様子見
「緊急に入院の必要無く、一旦帰宅」となったのは明けて月曜1:30

動脈硬化やら高脂血症やら肝臓数値高い80㌔級メタボさんだからね
元看護師さん、きちんと健康管理してよね~

あぁ…自分はポックリ逝きたいとシミジミ

(´・ω・`)




プロフィール

ましまろ

Author:ましまろ
元保護うさぎ「はなまる」と暮らすオバサン。
「ましまろ」として10年続けたソネブロ諸事情で休眠
新たにこちらで「セカンド」開設してゆる~く気まぐれ更新




にほんブログ村


同居生物 はなまる
♂ 2016.12.19 右肺腫瘍起因による呼吸器不全で永眠(享年推定4歳6か月?)
2012年頃生まれ? ミックス 1.8kg 2013.8.23名古屋市内某大型公園駐車場に遺棄されていたところを運良く保護され「はなわ」という仮名で里親様募集するも紆余曲折ありご縁に恵まれず2014.6.15ウチの子になる 後遺症の斜頚ながら特に不自由なく立派な●糞製造 膝上抱っこも可能な癒し系王子

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR